【高額医療】限度額認定証を使って賢く医療を受けよう

限度額認定証とは前回の高額療養費の部分でご紹介した医療費が実際の現物給付を
受けられる認定証になります。
一時的な立て替えとはいえ、かなりの負担になるので限度額認定証を利用しましょう。

限度額認定証とは

高額療養費は一時立て替え払いのため、多額の医療費を一時的に支払いし、後日手続きをして
返金請求するものでした。

限度額認定証は入院など高額医療になることがあらかじめ分かっている場合、健康保険証の
発行元に限度額認定証を発行してもらうことによって医療機関での窓口負担額を立て替え払い
ではなく、窓口負担金を軽減できる制度です。
なので、返金手続きがいらず窓口負担金が所得によって軽減されます。

対象となる条件は

入院と通院による外来診療や調剤薬局でのお薬の受け取りなどそれぞれのお会計が
超えた場合に適用されます。
もし1つの医療機関や薬局では限度額を超える対象とならず、当月の外来と調剤薬局での薬を
合計したら対象になる場合は後日申請すれば返金されます。(高額療養費の返金請求と同じ)

限度額認定証があった場合の窓口負担額

1か月当たりの自己負担額が超えた場合、1医療機関または薬局でのお会計が、入院・外来
それぞれの上限額を超えた場合、所得によって異なりますが、下記の金額のみ支払いを
すればよいのです。

高額な立て替え払いや面倒な返金請求が不要です。
急な入院などの場合はすぐ手続きできないこともありますが、可能な限り限度額認定証を
利用しましょう。

年齢が70歳未満の方

所得区分 自己負担限度額 多数該当※2

区分ア

(標準報酬月額83万円以上の方)

(報酬月額81万円以上の方)

252,600円+(総医療費※1-842,000円)×1%

140,100円

区分イ

(標準報酬月額53万円
~79万円の方)

(報酬月額51万5千円以上
~81万円未満の方)

167,400円+(総医療費※1-558,000円)×1%

93,000円

区分ウ

(標準報酬月額28万円
~50万円の方)

(報酬月額27万円以上
~51万5千円未満の方)

80,100円+(総医療費※1-267,000円)×1%

44,400円

区分エ

(標準報酬月額26万円以下の方)

(報酬月額27万円未満の方)

57,600円

44,400円

区分オ
(低所得者)
(被保険者が市区町村民税の
非課税者等)

35,400円

24,600円

※1総医療費とは
保険適用される診療費の総額(10割)です。入院時に発生する保険外負担分
(差額ベット代、病衣・ベットシーツ代や食事負担額)は対象外です。

※2多数該当とは
療養を受けた月からさかのぼって、1年間に3か月以上高額療養費制度の支給を受けた場合
4か月目より多数該当となり、自己負担額がさらに軽減されるものです。

70歳以上75歳未満の方

被保険者の所得区分 自己負担限度額

外来
(個人ごと)

外来・入院
(世帯)


現役並みⅢ

(標準報酬月額83万円以上で高齢受給者証の負担割合が3割の方) 

252,600円+(総医療費-842,000円)×1%
※2多数該当→140,100円


現役並みⅡ

(標準報酬月額53~79万円以上で高齢受給者証の負担割合が3割の方) 

167,400円+(総医療費-558,000円)×1%
※2多数該当→93,000円


現役並みⅠ
(標準報酬月額28~50万円以上で高齢受給者証の負担割合が3割の方)
 

80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
※2多数該当→44,4000円

一般所得者

(現役並み又は低所得者に
該当されない方)


18,000円
(年間上限14.4万円)

57,600円
※2多数該当の場合は
44,400円


低所得者

Ⅱ※3 8,000円

24,600円

Ⅰ※4

15,000円

※3被保険者が市区町民税の非課税者等の場合です。
※4被保険者本人とその扶養家族すべての方の収入から必要経費・控除額をのぞいても
所得がない場合です。

75歳以上の方

所得区分 自己負担割合 外来(個人単位) 外来+入院
(世帯単位)
現役並み所得者Ⅲ 3割負担 252,600円+(総医療費-842,000円)×1%
※2多数回該当→140,100円
現役並み所得者Ⅱ 167,400円+(総医療費-558,000円)×1%
※2多数回該当→93,000円
現役並み所得者Ⅰ  80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
※2多数回該当→44,4000円
一般 1割負担 18,000円 57,600円
多数回該当
(44,400円)
区分Ⅱ
(低所得者Ⅱ)
8,000円 24,600円
区分Ⅰ
(低所得者Ⅰ)
15,000円

限度額認定証を使用した計算例

70歳未満の方 所得区分エ 多数回該当にならない場合
1か月の医療費が100万円かかった場合(10割総額)

限度額認定証と健康保険証を提示して治療を受けた場合

自己負担額は57,600円(高額療養費の返金手続き後の自己負担額)

大きな金額の負担なく安心して医療を受けられるための心強いアイテムなので、
使わない手はないですね!!

最後までご覧いただきありがとうございました。

次回は医療費控除についてお伝えします。

[affi id=19]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA