投資信託初心者には不向き?アクティブ型投資信託とは

前回は投資信託初心者でも比較的リスクが少ないと言われているインデックス型投資信託をご紹介しました。

インデックス型投資信託と比べてアクティブ型投資信託の違い、メリット・デメリットなどをご紹介します。

アクティブ型投資信託とは

アクティブ型は「積極運用型」ともいわれる投資信託で、株価指数(市場等の平均値)を上回る投資成果を目指す投資信託です。アクティブファンドともいわれます。日経平均を上回る成果を求めるため、ハイリターンがインデックス型投資信託より得られる可能性がある分代わりにリスクも高くなります。

アクティブ型投資信託は、インデックス型投資信託のように平均的な投資をするのではなく、ファンドマネージャーやアナリストなどの「投資・運用の専門家(プロ)」が目利きをして運用するファンドのため、キチンと投資先の候補となる企業や国を調査・検証した上で、「より成長が見込める・利益を生み出す投資先(銘柄)」を発掘し、実際に株式・債券等の売買を実行します。

最初に設定した運用方法をずっと続けるのではなく、日々の運用成果を高めるために、投資先を変更したり、工夫がなされているので、その時の情勢に合わせた投資先を専門家であるファンドマネージャーやアナリストが選択し運用が行われます。

 

 

アクティブ型投資信託のメリット

アクティブ型投資信託は先程ご紹介したように、日経平均よりも高い運用を目指すため、大きなリターンが得られる可能性があります。

日経平均と同じぐらいの値動きですとテストの平均点のような無難なラインを推移する形になりますが、アクティブ型はそれを上回る運用を目指すため、ファンドマネージャーやアナリストのプロの方が日々市場の動向を見ながら判断しています。

アクティブ型投資信託のデメリット

日経平均を上回る運用のためリスクが高くなる

アクティブ型投資信託は、日経平均を上回る運用を目指しているため、インデックス型投資信託よりもリスクが高くなる場合があります。

大きな運用益を求めるとやはりリスクも伴ってしまう危険性も高くなります。

信託報酬など手数料が高くなる

インデックス型投資信託は最初に運用する銘柄が決まるとほぼ変更なく続けて運用されますが、アクティブ型は市場の動向を見ながらプロのファンドマネージャーなどが判断し投資銘柄などを変更したりする必要があるため、インデックス型より運用コストがかかってしまいます。それに伴い信託報酬である手数料が高くなってしまうのです。

まとめ

前回のインデックス型投資信託と今回のアクティブ型投信信託を比べてみていかがだったでしょうか?
初心者の方が無難に大きなリスクを負わずに始めたい場合はインデックス型がオススメにはなりますが、どちらの投資信託もリスクがないわけではないため、リスクを回避するために無難な運用結果を求めながら進めるのか?または多少のリスクを伴っても一定額以上の運用益を求めてプロの方に運用を任せるかそれぞれの方の判断になりますが、どちらの投資信託を選択したとしてもまずは始めることが豊かな生活を得るための第一歩だということを考えとにかく行動することが大事だと思います。

リスクが大きいのは不安だなという方ならまずはインデックス型から始めてみることをお勧めします。そしてある程度の経験や知識がついて詳しくなってきたらアクティブ型投資信託に挑戦してみるのも良いかと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA